下京区丹波口エリアで慢性腰痛にお悩みの方へ

2024年06月27日

皆様こんにちは!下京区はJR丹波口駅付近にございます丹波口こばやし整骨院です!

今回は腰の筋肉の疲労や普段の使い過ぎによって起こる『慢性腰痛』をテーマに、その原因と必要な施術を皆様にお伝えできればと思います。

腰には姿勢を支えたり、人体の基本動作に必要である重要な筋肉がいくつも存在します。

それらの筋肉は「座りっぱなしのデスクワーク」「立ち仕事」「同じ動きを繰り返す作業」などによってたくさん疲労し、その蓄積で硬くなってしまうのです。俗に言う「筋肉の張り」や「コリ」みたいな状態ですよね。

筋肉が硬くなってしまうと、筋肉の細かい繊維や細胞達に新鮮な血液が巡りにくくなってしまうのです(_ _)

困った筋肉達は「痛み・ダルさ・コリ感」などという形で、もう限界です!と脳に信号を送るのです。そうです、皆様が普段抱えてらっしゃる症状ですよね!

長々と説明しましたが、次に必要な施術です。

これらの症状を解決するには硬くなった筋肉を柔らかくして、新鮮な血液がたっぷり流れる状態にしなければなりません。筋肉を緩める「マッサージ治療」「電気による刺激」「鍼(針)を打つ」などがその代表格なんですよね。

では皆様、そうして筋肉が柔らかくなって痛みが和らげれば万事解決なのでしょうか???

実は決してそうではありません。

そもそも、何故筋肉は硬くなってしまったのでしょうか?

そうなんです。少なくとも何かしらの原因がありそうですよね(_ _)

冒頭でも少し触れましたが、お仕事などによる「普段の姿勢」や「骨格の歪み」、これらが解決して初めて筋肉たちもストレスフリーになるのです。つまり、根本治療ということですね。

・ 気づけば肩や背中が丸くなっていませんか?

・気づけば足を組んでいませんか?

・気づけば片方の肩が上がっていたり、下がっていたりしませんか?

少ししつこく尋ねましたが、いずれも骨格には大変悪影響なのです( ; ; )

しかし、姿勢や骨格の歪みは「矯正」をして、その癖づけをすることによって、ある程度正常な状態に戻すことができるのです。

筋肉の「張り・コリ」が取れ、正しい骨格に戻って初めて万事解決ということになるのです。

当院では、皆さまのお怪我・慢性的なお身体の痛みを根本的なアプローチから施術させて頂いております。

まずはご相談からでも、皆様のお悩みに少しでも寄り添えたらと思います。いつでもお気軽にご連絡ください!!

関連記事