四十肩・五十肩

右肩を上げている問診
  1. 肩が上がらない。上げると痛い
  2. 肩が固まってしまっている感じがする
  3. 夜寝るときも痛みがある
  4. 髪の毛が洗いにくい
  5. 着替えが痛い

四十肩・五十肩とは?|京都市・東京都品川区 こばやし鍼灸整骨院・整体院グループ

四十肩、五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」という疾患で、一般的に、40歳~60歳代の中高年世代に発症することが多く、腕を動かすことができなくなったり、肩が痛いといった症状が特徴です。

また、肩関節周囲の炎症ですので、肩こりとは大きく異なります。
(肩こりは姿勢不良や筋肉の緊張により、肩や首の血液の循環が悪くなることで、痛みやだるさが発生するものです。)

四十肩、五十肩は主に3つの要因が挙げられます。

①腕の筋肉の先端にある腱の炎症
②上腕骨の周囲にある腱板の損傷や断裂
③骨と腱板の間の組織液が炎症を起こす石灰がたまってしまう〔石灰沈着〕
 
以上の要因がありますが、多くの場合は根本的な姿勢不良が原因にあります。

四十肩、五十肩というのは、肩関節に関係する筋肉に炎症が起こってしまったり何かの影響で関節に制限が出てきてしまうことを意味します。肩関節の動きが制限されてしまうので日常生活動作が非常にしづらくなったり、夜間に痛みを感じることもあります。

マッサージや、整体に行かれてもなかなか悩みが改善しないのは、四十肩、五十肩の原因を根本的に取り除けていないためになります。また、医療機関でもらった湿布や痛み止めの薬を試しても、痛みがとりきれないのは根本から解消できていないためです。

四十肩・五十肩を治療しないとどうなるの?

肩関節は様々な方向に動かすことができますが、構造はとても複雑で不安定なものになっています。

腕を上げる動作1つでも、肩甲上腕関節、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節、と4つの関節が協調して動きます。

以上4つのどれか1つの関節に動きに異常が出たり、普段の姿勢不良から関節のバランスが悪くなると、他の関節も次第に動きにくくなり、やがて腕が上がらない、肩が痛い、といった症状につながっていきます。

また、肩は様々な方向に動かす為に、多くの筋肉が付着しています。動きが悪くなってくるとこれらの筋肉には過剰な負荷がかかり、結果として慢性的な症状に繋がってしまい、最終的に首・背中・腰などの影響で、肩の動きに制限があることもあります。

これらの部位についても併せてアプローチしていくことで、症状の改善だけではなく再発防止につながる根本治療が可能になってきます。

四十肩・五十肩の治療法

京都市・東京都品川区にあるこばやし鍼灸整骨院・整体院グループでは、患者様の体のクセや体の歪み、普段の生活背景などから、何故そこに痛みが出ているのか、しっかりお話を聞き、体を検査させていただきます。

そもそも痛みの原因は必ずしも痛い部分にあるとは限りません。

こばやし鍼灸整骨院・整体院グループでは痛みの根本原因から治療をする根本治療を行っております。

まずは、全身を徹底的に調べ、症状の原因を突き止めます。

痛みの生じている箇所のみの改善だけでなく、自然治癒力を高めるために背骨・骨盤矯正やトリガーポイント鍼灸を組み合わせた治療を行っており、患者様にあった治療方法をご提案いたします。

また、患者様1人1人にあった生活指導や、自宅でできるストレッチなどを細かく指導させて頂き、最終的に痛みを再発しない、症状を繰り返さない身体づくりを目的として治療していきます。

四十肩・五十肩に心配がある方や、すでにお悩みの方は、こばやし鍼灸整骨院・整体院グループの治療を是非受けてみてください。症状の根本改善に繋がるようにサポートさせて頂きます。

お気軽にご相談下さい。

四十肩・五十肩のイラスト