これってぎっくり腰?

こばやし鍼灸整骨院|(2018.07.6)

こんばんは!丹波口こばやし整骨院です!

今日は『ぎっくり腰』についてお話しします。

 

まず、ぎっくり腰とは負担が溜まり固まった筋肉が

重い物を持ち上げた際や体をひねった際などに

負担に耐えきれなくなり筋肉や筋膜が傷付いてしまうケガです。

ぎっくり腰になると急に激痛が走り動けなくなりますが、

生活を送る内に徐々に痛みが強くなり、動くと痛みが強まっていくような

ぎっくり腰の症状もあります。

痛みで動けず仕事や日常生活にもかなりの支障が出てきます。

 

ぎっくり腰になる原因として、一つは姿勢の悪さです。

長時間、座っていると猫背の状態になったりと

知らず知らずのうちに悪い姿勢をとってしまいます。

 

悪い姿勢は骨格の歪みを引き起こし、

骨格が歪むと筋肉のバランスが崩れ、筋肉にはいつも以上に負担がかかります。

もう一つはこの骨格の歪みによって起こる全身の血液循環の悪さです。

血液循環が悪くなると人間が本来もっている回復する力「自然治癒力」が弱まります。

そうなると、睡眠をとっても体は回復されず、疲労が溜まり続けるのです。

 

丹波口こばやし整骨院での治療として

ぎっくり腰の急性期には炎症を伴い、炎症が起こっている間は痛み続けます。

なので、まず患部にアイシングをして炎症を広げないようにしていきます。

 

また、筋膜への治療を行い炎症を早くひかせちょうマッサージで患部周辺の筋肉をほぐして

痛めている部分への負担を軽減させます。

腰を動かすことができるようになってからは骨盤・背骨矯正を行い骨格の歪みからくる

余分な筋肉への負担を取り除くとともに自然治癒力を高めることで痛みを

改善させていきます。

 

丹波口こばやし整骨院はJR丹波口駅から徒歩3分のところにあります。

丹波口周辺にお住まいの方や遠くから来られる方も

ぎっくり腰や腰痛でお悩みの方は是非、丹波口こばやし整骨院へお越しください!!

 

丹波口こばやし整骨院    

ホームページ http://kobayashi-seikotu.com/tannbaguti

京都市下京区中堂寺坊城町31-7メディナ丹波口1階

 TEL  075-432-8843

肩甲骨間の痛みについて

こばやし鍼灸整骨院|(2018.07.3)

こんばんは!丹波口こばやし整骨院です!

皆さんは「朝、起きたら肩甲骨の間あたりが痛かった」

そんな経験をしたことはありませんか?

これもいわゆる、寝違いです!

 

肩甲骨から首までのびる筋肉があり寝る体勢によってダメージが加わる

筋肉の場所も変わるため肩甲骨の間に痛みを感じるのです。

肩こりの延長だと思いほっておくと痛みが長引いたり

どんどん痛みが増していき日常生活もかなりの支障が出ててきます。

 

寝違いは不自然な姿勢で寝続けた時に起こりますが

これはひとつのきっかけであり寝違いを起こしやすい人は

元々、首から背中の筋肉がガチガチに固まっていることが多いです。

根本的な痛みの原因として筋肉の緊張と骨格の歪みがあります。

骨盤や背骨の歪みによって身体のバランスが崩れると

よく使われる筋肉と使われない筋肉ができてしまったり

また、身体の左右でも負担の偏りができてしまいます。

そういった負担の積み重ねによって筋肉が固まり、やがて痛みとして現れるのです。

 

丹波口こばやし整骨院では根本的な骨格の歪みを整える矯正治療を行い

歪みからくる筋肉への負担を取り除いていきます。

さらに、マッサージで筋肉をほぐしていくことで痛みを改善させます。

マッサージではほぐしきれない深いところの筋肉が原因で痛みが出ている場合は

鍼治療を行い深部の筋肉をゆるめて症状をさせていきます。

 

寝違いは炎症反応を伴うことがあり、その際は熱感などもみられます。

炎症反応が起こっているとその炎症がひくまでやおおよそ4日ほど痛みが続きます。

その場合、患部にマッサージなどをしてしまうと炎症がひどくなり逆に痛みを強めてしまいます。

なので、アイシングや患部周りの筋肉にマッサージや鍼治療を行い

早期に炎症を抑えた上で根本的な治療へと移っていきます。

 

寝違いは一度なってしまうと癖づいてしまう場合もありますので

違和感を感じたらすぐに治療を受けるようにしましょう。

寝違いや肩甲骨の間の痛みでお悩みの際はいつでもご来院ください!

 

 丹波口こばやし整骨院
 ホームページ http://kobayashi-seikotu.com/tannbaguti   
 京都市下京区中堂寺坊城町31-7メディナ丹波口1階
 TEL  075-432-8843

産後の骨盤ケアについて 

こばやし鍼灸整骨院|(2018.06.29)

こんばんは! 丹波口こばやし整骨院です!

今日は産後の骨盤についてお話します。

 

まず初めに産後の骨盤の状態から説明します。

出産後は、赤ちゃんが通る産道を広げるために

骨盤を支える筋肉や靭帯が緩み必ず骨盤が開くようになります。

骨盤が広がる際に腹筋がひきのばされ避けてしまう場合もあります。

骨盤の開きはある程度までは自然の力で戻りますが

その過程で骨盤が歪んだり完全に開きが戻らないということもあります。

 

そのため、ズボンが入らなかったり体型が戻らないなどの身体の変化や

骨格の土台である骨盤が不安定なので腰や背中、膝などが痛くなったり

肩こりがひどくなるといった症状も出てきます。

なので骨盤をしっかりと元の状態に戻し、産後の悩みを解消しましょう!

 

丹波口こばやし整骨院では骨盤の開き具合や骨盤の歪みを詳しく検査し

3ヶ月を目安に治療計画を立て、治療を行っていきます。

その間に12~15回ほどの骨盤矯正を行います。

最初の3回は連続で骨盤矯正をしていき骨盤の歪みや開きを治していきます。

 

初め連続で行う3回の骨盤矯正以降は一般的に週に1回のペースで矯正を行っていきます。

その他、骨盤を締めていくために必要な筋肉である、

腹筋や骨盤底筋群と呼ばれる骨盤を支える筋肉などの

筋力アップトレーニングも指導させて頂きます。

 

産後の骨盤矯正を始めるタイミングは

自然分娩の方で産後二か月後、帝王切開の方は産後三か月後からがベストです!

丹波口こばやし整骨院はベビーカーのままお入り頂けますし

バウンサーも常備しているためお子様連れでも安心して治療に専念できます。

産後の骨盤の状態が気になる方はいつでもご来院ください!

 

 丹波口こばやし整骨院    
 ホームページ http://kobayashi-seikotu.com/tannbaguti
 京都市下京区中堂寺坊城町31-7メディナ丹波口1階
 TEL  075-432-8843

原因不明の腰の痛み・痺れについて

こばやし鍼灸整骨院|(2018.06.26)

こんばんは!丹波口こばやし整骨院です!

今日は殿皮神経障害についてお話しします。

 

腰痛の85%は、レントゲンやMRIなどの画像検査で

異常がない原因不明の腰痛といわれています。

その原因不明の腰痛の中で「殿皮神経障害」というものがあります。

 

殿皮神経は上殿皮神経と中殿皮神経の二つがあり

どちらが障害されるかによって痛みが出る場所が異なってきます。

この殿皮神経は腰からお尻にかけて左右に伸びる神経で

この殿皮神経が骨盤とこすれることや

筋膜によって締め付けられることによって障害されます。

 

症状として長時間の座位、寝返りや腰を反らしたりすることでも痛みが走ります。

重症になると歩く際に神経が骨盤とこすれ痛みが出てきます。

 

丹波口こばやし整骨院の治療として

背骨・骨盤の矯正治療で骨格の歪みを正して

骨盤が殿皮神経に当たらないようにします。

また、筋膜治療やマッサージで筋膜や筋肉を緩めることで

筋膜による締め付けをなくしたり骨格の歪みを防ぐことで痛みの改善を図ります。

 

重症の場合、殿皮神経が骨と癒着していることがあり、整形外科で手術が必要なこともあります。

丹波口こばやし整骨院はJR丹波口駅から徒歩3分のところにあります。

丹波口周辺にお住まいの方や遠くから来られる方も

原因不明の腰痛や殿皮神経障害でお悩みの際はいつでもご来院ください!

 

 丹波口こばやし整骨院    
 ホームページ http://kobayashi-seikotu.com/tannbaguti
 京都市下京区中堂寺坊城町31-7メディナ丹波口1階
 TEL  075-432-8843

ストレートネックの原因と治療法

こばやし鍼灸整骨院|(2018.06.22)

こんばんは!丹波口こばやし整骨院です!

今日は『ストレートネック』についてお話しします。

 

まず、ストレートネックとは首の生理的なカーブが失われ

首の骨(頸椎)がまっすぐになってしまうという症状のことを指します。

人は背骨がゆるやかなカーブをしていることによって足元からの衝撃を和らげたり

また、成人では約5kgもある頭を支えるという役割をもっています。

このゆるやかなカーブを失いストレートネックの状態になってしまうと、

頭を筋肉で支えようとするため首や肩の筋肉にはとても負担がかかります。

 

 

ストレートネックになる大きな原因として

スマートフォンやタブレットの長時間の使用があげられます。

スマートフォンやタブレットを使っているときの「うつむいた姿勢」を長時間することで

徐々に頸椎のゆるやかなカーブが失われていくのです。

ストレートネックになると首や肩の痛みや凝りといった症状のほか

頭痛やめまい、手の痺れといった症状がでてきます。

また、寝違いを繰り返したり頸椎ヘルニアや頚椎症になるリスクも高くなります。

そうなると仕事中はもちろん、私生活にもかなりの支障が出てきます。

 

うつむき姿勢によってストレートネックになっている方もいれば

体の土台である骨盤が歪んでしまっていることで、その上に建っている背骨や首の骨の

バランスが崩れストレートネックになっている方も多いです。

なので丹波口こばやし整骨院では原因であるうつむきの姿勢や

全身の骨格の歪みを取り除くための治療を行います。

 

矯正治療は土台である骨盤から背骨、頸椎と全身の矯正治療を行い歪みや

まっすぐになってしまっている頸椎を正しい状態に治していきます。

一度、骨格は整うものの今までの体の癖により悪い姿勢に戻ってしまうので、

そうならないように連続で矯正治療を行い正しい状態を体に覚えさせていきます。

骨格が正しくなると筋肉には余分な負担がかからなくなりますが

筋肉のすべての凝りや硬さはとりきれないので

鍼治療を行い、奥深くの筋肉の凝りまでしっかりとほぐしていきます。

そうすることで痛みをさらに改善させたり

筋肉が骨を引っ張って再び歪みを起こすといことを防ぎます。

 

丹波口こばやし整骨院はJR丹波口駅から徒歩3分のところにあります。

丹波口周辺にお住まいの方や遠くから来られる方も

ストレートネックによって起こる体の不調でお悩みの際はいつでもご来院ください!

 

 丹波口こばやし整骨院    
 ホームページ http://kobayashi-seikotu.com/tannbaguti
 京都市下京区中堂寺坊城町31-7メディナ丹波口1階
 TEL  075-432-8843
1 2 3 4 5 6 7
TOPへ戻る

COPYRIGHT© こばやし鍼灸整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS | LINK

 [PR]柔道整復師リジョブ