”手・腕の痺れ”の意外な原因

こばやし鍼灸整骨院|(2020.02.15)

皆さん、こんにちは!こばやし鍼灸整骨院です。

仕事中や私生活の中で手や腕の痺れに悩まされたことはありませんか?

今回はその”意外な原因”を実例とともに紹介させて頂きます。

 

デスクワークをされているAさんは手の痺れの悩みで来院されました。

毎日6時間以上パソコンを使っていることもあり、腕・指の使い過ぎが原因だと

気にされていました。

 

その為、以前通っていた整骨院では腕の治療をされていたようですが

腕のハリ感は良くなったものの、痺れは改善されなかったようです。

 

そこで私達は”ある部分”に着目しました。

それはAさんの「姿勢」と「骨格のゆがみ」です。手や腕の神経は首の筋肉の間を通って腕の方へ向かっていきます。上図の様ないわゆる

「猫背」の状態になると、首の前面にある筋肉が縮こまったまま硬くなってしまいます。

また、Aさんの首の骨にはゆがみがありました。骨がゆがんでいると、骨に付いている筋肉は

当然、左右のバランスを崩してしまい、筋肉も歪んで硬くなってしまいます。

 

つまり、硬くなった首の筋肉が神経を圧迫していたことが原因で、手や腕に痺れを引き起こし

ていたのです。そこで私達は、Aさんに姿勢と骨格矯正の治療を行ったところ、

腕の痺れは大幅に改善され、腕の痺れは完全に無くなりました。

現在は痺れが再発しないように検査を行い、定期的にケアをしています。。

 

身体の症状は意外な部分に原因があることもあります。

丹波口こばやし整骨院では、皆さんの症状の根本的な原因を見つけだして施術を行って

おります。少しでも身体に違和感を感じられましたら、是非一度お越し下さい。

 
 こばやし鍼灸整骨院グループ    
 ホームページは http://kobayashi-seikotu.com/
 二条城院:075-802-2050
 西 院  院:075-312-0166
   丹波口院:075-432-8843 

肩の痛みとダルさについて

こばやし鍼灸整骨院|(2020.02.7)

こんにちは!こばやし鍼灸整骨院です。

今日は肩の痛みとダルさについてお話しようと思います!

 

人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなって、重く感じることが痛みやダルさに繋がります。
これを引き起こす主な要因としては、筋肉疲労と血行不良、末梢神経の傷などが挙げられます。

首と肩の周辺には、さまざまな筋肉があります。これらは重い頭や腕を支えて立っているだけで、緊張し続けています。緊張が続くと筋肉が疲れて疲労物質がたまり硬くなります。それが血管を圧迫して血液の循環を悪くしたり、末梢神経を傷つけたりして、こりや傷みを起こします。また、血行不良になると、筋肉に十分な酸素や栄養が供給されず、筋肉に疲労がたまって、ますます筋肉が硬くなってしまいます。

背中の筋肉は重い頭を支えて緊張している

  • デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっている
  • いすと机のバランスが悪く偏った姿勢を続けている
  • かばんをいつも同じ方の肩にかける
  • 長時間冷房のきいた部屋にいて体が冷えている

など、偏った姿勢を続けたり、緊張した状態を続けたりしていると筋肉が疲労して痛みやダルさに繋がっていきます。

西院こばやし鍼灸整骨院ではそういった症状の患者様に対しても治療を行なっています。

どこの整骨院に行っても治らなかった痛みやダルさを当院では根本的に改善していき痛みのない身体にもっていきます。また治療だけでなく、私生活面での指導も行ないより良い私生活が送れるように誠心誠意サポートさせていただきます。

 

西院こばやし鍼灸整骨院は、阪急西院駅から徒歩3分の場所にあります。

ご近所の方、また肩周りの症状でお困りの方や悩んでいる方はお気軽にお越しください。ご来院を心からお待ちしております。

 こばやし鍼灸整骨院グループ  
 ホームページ http://kobayashi-seikotu.com/
 二条城院:075-802-2050
 西 院  院:075-312-1066
   丹波口院:075-432-8843

膝の痛みについて

こばやし鍼灸整骨院|(2018.08.10)

こんばんは!二条城こばやし鍼灸整骨院です!

今日は『膝の痛み』についてお話します。

 

夏のお盆休みが明日から始まる方が多いかと思います

連休を利用して、旅行や帰省で歩く事が多くなると、普段歩く事が少ない方ですと

膝に負担が掛かり、痛みが出てきてしまいます。

要因としては、膝回りの筋肉が硬くなっていたり、根本的に筋力がなかったりすることも考え

られますが、一番にすぐに自分でも分かることがあります。

 

それは、自分の普段履いている靴のかかとの部分です。

理想として、かかとの部分が左右とも同じぐらいに減っていれば一番良いのですが

普段から膝の痛みを抱えている方の靴のかかとの部分の削れ方は内側が削れていたり、外側が

削れていたりすることが多いです。

そのような状態で歩いていると足首から負担が膝に行き、筋肉が硬くなり、痛みが出てきます。

 

二条城こばやし鍼灸整骨院の治療として、膝の痛みを改善する為に筋肉に対し、緊張を緩和さ

せる鍼治療や筋肉に癒着してしまった筋膜を剥がす筋膜治療を行い、痛みの原因にアプローチ

をしていきます。

さらに骨格的にもアプローチする手段として、骨盤矯正を行っていきます。骨盤矯正を行う理

由ですが、骨盤が歪んでしまっていると足の長さも変わり、それによって片方の膝にかかる負

担が大きくなることによって痛みが出てきてしまうので、左右のバランスを整えるために骨盤

矯正をしていき、根本的に痛みを無くしていく治療をしていきます。

 

 

二条城こばやし鍼灸整骨院は地下鉄二条城前駅から徒歩3分、JR二条駅から徒歩10分のところにあります。

二条城周辺にお住まいの方や遠いところにお住まいの方も腰の痛みやお身体の疲労でお困りの際は是非、ご来院ください。

 

 二条城こばやし鍼灸整骨院
 ホームページは http://kobayashi-seikotu.com
 京都市中京区三坊大宮町149-13シャトー御池1F-B
 TEL 075-802-2050

 

筋膜性腰痛について

こばやし鍼灸整骨院|(2018.08.8)

こんばんは!二条城こばやし鍼灸整骨院です!

突然ですがみなさんは日頃の生活で長時間同じ姿勢で過ごしていませんか?

運動後に腰の痛みを感じたことはありませんか?

今日は特異的腰痛と呼ばれる中の筋肉のストレスからなる筋膜性腰痛についてお話します。

 

まず特異的腰痛とはいろいろな腰痛がある中でそれぞれの特徴があり各々の治療方法があるものを指します。

その中の筋膜性腰痛は筋肉などに過度なストレスが加わり発生すると言われています。

過度なストレスを強いられることで交感神経が優位に働き一部の筋肉の緊張が強くなることで崩れたバランスを整えようと腰の筋肉に負担がかかり腰痛に繋がります。

スポーツ活動ではピッチング、ジャンプ、スイングなどスポーツ全般の動きで起こり、また前傾姿勢を続けるゴルフやジャンプスポーツの着地時の衝撃なども原因となります。

また骨盤や背骨の歪みから筋肉に過度のストレスが加わり発生します。

これが悪化してしまうと最終的にぎっくり腰や坐骨神経痛に繋がってしまうこともあります。

 

二条城こばやし鍼灸整骨院の治療として根本的に腰痛を改善させるため独自の矯正技術を使い痛みの原因部分にアプローチしていく治療を行っています。

骨格を正しく整えることで血液の循環や神経の働きも良くなり筋肉への負担が軽減されることで、早期改善が期待できます。

それに合わせてより深部の筋肉に対し鍼治療でほぐしたり、筋膜治療で強く癒着してしまった筋膜を剥がし柔軟性を取り戻す治療なども行っています。

これらの治療法を使い筋膜性腰痛の根本的な改善を目指します。

 

二条城こばやし鍼灸整骨院は地下鉄二条城前駅から徒歩3分、JR二条駅から徒歩10分のところにあります。

二条城周辺にお住まいの方や遠いところにお住まいの方も腰の痛みやお身体の疲労でお困りの際は是非、ご来院ください。

 

 二条城こばやし鍼灸整骨院    
 ホームページは http://kobayashi-seikotu.com
 京都市中京区三坊大宮町149-13シャトー御池1F-B
 TEL 075-802-2050

”手や腕の痺れ”胸郭出口症候群について

こばやし鍼灸整骨院|(2018.08.7)

こんばんは!丹波口こばやし整骨院です!

今日は『胸郭出口症候群』についてお話します。

 

胸郭出口症候群とは、鎖骨周辺の腕神経叢という腕や手指に行く末梢神経の束が

腕や手指に行く鎖骨下動脈や鎖骨下静脈という血管とともに圧迫されて起こる病気です。

圧迫を受ける場所がいくつかあり、

前斜角筋と中斜角筋という首の筋肉の間で圧迫されると斜角筋症候群、

鎖骨と第1肋骨の間で圧迫されると肋鎖症候群、

小胸筋という胸の筋肉を通る時に圧迫されると小胸筋症候群、

頸椎にある余分な肋骨で圧迫されると頸肋症候群といい、

これらをまとめて胸郭出口症候群と呼びます。

 

胸郭出口症候群の症状として首や肩・腕を特定の位置にもっていくと、

腕や手指にしびれや痛みなどが現れます。

その他には、吊革を握っている際など持続的に腕を挙げているとしびれや痛み、

冷感や脱力感といった症状も出てきます。

症状が悪化すると何もしなくても上記の症状が現れ、

日常生活にもかなりの支障をきたします。

 

胸郭出口症候群の原因は、なで肩や不良姿勢が大きく関係していて

姿勢が悪くなると背骨が歪んだり鎖骨や肩甲骨の位置が変わってしまいます。

関節の位置が変わるだけで骨が神経を圧迫してしまう場合もありますし

関節の位置が変わることによって首や胸の筋肉が負担を受け

筋肉が固まることでも神経の圧迫を引き起こします。

 

丹波口こばやし整骨院では根本治療により胸郭出口症候群を改善させます!

まずは全身の骨格を整える矯正治療行い、

原因である不良姿勢や変わってしまっている関節の位置を

正しい姿勢や正しい位置に戻していくことから治療をスタートさせます。

数回、矯正治療を行い神経の圧迫を取り除いたり、

正しい骨格の状態を体に覚えせることで今までの悪い状態に戻らないようにしていきます。

その後、今まで負担を受け続けていた凝り固まった筋肉を

手技療法にによってほぐすことでさらに症状を改善させていきます。

 

腕や手先の痺れや痛みで悩んでいる方その症状は胸郭出口症候群かもしれません。

丹波口こばやし整骨院はJR丹波口駅から徒歩3分のところにあります。

丹波口周辺にお住まいの方や遠くから来られる方も

胸郭出口症候群やその他の体の不調でお悩みの際はいつでもご来院ください!

 

 丹波口こばやし整骨院    
 ホームページは http://kobayashi-seikotu.com/tannbaguti
 京都市下京区中堂寺坊城町31-7メディナ丹波口1階
 TEL  075-432-8843
1 2 3 4 5 6 7
TOPへ戻る

COPYRIGHT© こばやし鍼灸整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS | LINK

 [PR]柔道整復師リジョブ