起床時の腰の痛みについて

こばやし鍼灸整骨院|(2020.03.6)

こんばんは!西院こばやし鍼灸整骨院です!

 

寒い時期、体が冷えると筋肉も固くなりますし

仕事の疲労も積み重なってぎっくり腰などに

なってしまう方が増えています。

 

ぎっくり腰というのは

筋肉が疲労や負担の積み重ねで固まっている状態の時に

重い物を持ち上げるなどの

急な負荷がかかることがきっかけで起こります。

しかし、筋肉への疲労や負担が溜まり過ぎていると

寝返りや振り向く際に体を捻るだけでも

ぎっくり腰を起こしてしまいます。

 

人間は睡眠中、自然治癒力が働くことで

疲労や負担から体を回復させていますが

骨格自体に歪みがあると自然治癒力が低下し、

さらに筋肉のバランスも悪くなるため

腰や首、肩周りなどの負担を受けやすい部分に

負担が集中してしまいます。

なので、寝ても疲労が取れず、負担がたまった状態で

起床時に体を起こそうとした際にぎっくり腰が起きてしまうのです。

 

西院こばやし鍼灸整骨院では

骨格自体を整える矯正治療を行います。

骨格を整えることで筋肉にかかる負担取り除き

睡眠時の自然治癒力も高まります。

さらに計画的に矯正し歪まないようにしていくことで

再発を防止していきます。

 

西院こばやし鍼灸整骨院は、阪急西院駅から徒歩3分の場所にあります。

ご近所の方、また腰の症状でお困りの方や悩んでいる方はお気軽にお越しください。ご来院を心からお待ちしております。

 こばやし鍼灸整骨院グループ  
 ホームページ http://kobayashi-seikotu.com/
 二条城院:075-802-2050
 西 院  院:075-312-1066
   丹波口院:075-432-8843
TOPへ戻る

COPYRIGHT© こばやし鍼灸整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS | LINK

 [PR]柔道整復師リジョブ