捻挫・挫傷・肉離れ・打撲

    捻挫・挫傷・肉離れ・打撲(交通事故の怪我・リハビリ)でこんなお悩みの方に!

  • 運動中に肉離れを起こしてしまった

  • 捻挫してしまい、腫れが治まらない

  • 怪我の完治まで運動禁止を言われたけど、再開が不安

  • 交通事故での打撲、後遺症が残ったらどうしよう

  • 骨には異常が無いと言われたけど、どうしたら治るの?

捻挫・挫傷・肉離れでお悩みの方へ|京都市中京区・右京区 こばやし鍼灸整骨院グループ

捻挫・挫傷・肉離れでお悩みの方へ

一般的な、捻挫・挫傷・肉離れなどの怪我では、包帯固定、アイシング、テーピング固定などのみで様子を見ることが多く、完治するまで日にちがかかります。

捻挫・挫傷・肉離れの場合は、靭帯が伸ばされたり、筋肉が切れたりすることで、痛みが出たり、関節が変形したりしてきます。

捻挫・挫傷・肉離れを放っておくと、靱帯が伸びた状態になり、関節の固定力が弱まることで何度も同じ箇所を捻挫・挫傷・肉離れしやすくなります。

そのため、早い段階で適切な処置を受けることが重要です。

捻挫・挫傷・肉離れの施術方法|京都市中京区・右京区 こばやし鍼灸整骨院グループ

こばやし鍼灸整骨院グループの捻挫・挫傷・肉離れの施術方法

当院の捻挫・挫傷・肉離れの施術は、関節矯正(整復)・テーピング・固定・筋肉の調整など、症状にあわせた技術を用いることで、筋肉や靭帯のずれやバランスを矯正することで、正しい位置に戻し早期回復に繋げていきます。

ゆがんだ状態で固定してしまうと、バランスが崩れたままになるため、症状の回復が遅くなります。

また、怪我した箇所の周辺部分の関節や、筋肉についても適切な処置を施し、完治後の動作や、スポーツのパフォーマンスも落ちないように施術することを心がけています。

関節矯正の特徴

瞬間的に、関節を元の位置に戻すことで、骨格と筋肉バランスを整えます。

筋肉調整の特徴

運動学を基にして、施術すべき筋肉を把握した後に、痛みの原因にアプローチします。「痛み」のある刺激ではなく、「効果が出る」刺激を与えることで筋肉バランスを整えます。

「捻挫・挫傷・肉離れを早期回復させたい」「怪我の後に後遺症を残したくない」という方にお勧めの施術です。

交通事故後の捻挫・打撲の場合の対処方法|京都市中京区・右京区 こばやし鍼灸整骨院グループ

交通事故後の捻挫・打撲の場合の対処方法

車同士での交通事故では首(頚部)の捻挫やむちうち。バイク、自転車、歩行者と車の交通事故では、足や手、腕の怪我が多いです。

骨折以外のレントゲンでは異常なしと言われる「捻挫、打撲、肉離れ」に関して、整骨院での治療、リハビリをお勧めします。

足の怪我で多く診られる足首の捻挫は、レントゲン検査では異常なしと言われると思います。

このレントゲン検査で異常なしというのは、あくまでも骨折はしていないという事で、間接に関わる筋肉や靭帯が損傷しているケースがほとんどです。

足首や腕、手首の筋肉や靭帯はレントゲン検査では写る事が無いので異常なしとの診断が出ますが、靭帯や筋肉をしっかりと修復する為の治療を行わないと後遺症を残す事になったり、捻挫が癖づいたりします。

こばやし鍼灸整骨院グループでの施術では、早期回復に加えて後遺症を残さないための施術を行っています。(自賠責保険適用の場合は自己負担0円で専門の施術を受けることが可能です)

整骨院だからできるむちうち治療があります。京都市中京区交通事故治療サイト

京都市中京区・右京区|お問い合わせはこちら

お問い合わせは、075-802-2050まで
TOPへ戻る

COPYRIGHT© こばやし鍼灸整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS | LINK

 [PR]柔道整復師リジョブ