頚椎・腰椎ヘルニア

  • 常に手・足がだるい・・・
  • 片方の手や足が痺れる・・・
  • とりあえずヘルニアと診断された・・・
  • 手術以外に治療方法はないの?
  • 少しでも楽になる方法はないの?

ヘルニアとは?| 京都市中京区右京区下京区 こばやし鍼灸整骨院グループ

ヘルニアとは、背骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板といわれるものが、何らかの原因によって本来あるべき位置から飛び出してしまった状態の事を指します。特に、首と腰で起こりやすい事から、頚椎ヘルニアや腰椎ヘルニアと言われています。

よく患者様のなかにも過去にヘルニアと診断されたという方がいらっしゃいますが、ヘルニアの症状は主に「痺れ」「痛み」「感覚障害」「運動麻痺」などが、あげられます。

はたして、今起こっている症状は本当にヘルニアのせいで起こっているのでしょうか?

ヘルニアを治すには、手術しか方法は無いと思われている方も多いと思いますし、実際に病院で医師から手術が必要だと言われた方もいらっしゃると思います。

もちろん、すぐにでも手術をしないといけないくらいに悪化してしまっている場合には、手術をして改善させていくことが大切です。しかし、患者様のお身体の状態によっては手術をせずに京都市中京区右京区下京区にあるこばやし鍼灸整骨院での治療によって改善できるケースもあります。

 

大半の症状は、背骨・骨盤の歪みから起こる筋肉の緊張で起こっている事も考えられます。

ヘルニアの治療| 京都市中京区右京区下京区 こばやし鍼灸整骨院グループ

当院の施術は、原因部分であるまず、体の土台となる骨盤・背骨の矯正を行ない、骨格の歪みにしっかりアプローチしていきます。

ぎっくり腰 体の軸となる骨盤・背骨を整えて、負担を軽減します。

次に鍼灸治療や筋膜治療を通して、骨格だけではなく、骨格と繋がっている深い筋肉にアプローチし、筋肉の緊張を解消していきます。これにより早期に痛みを解消する事が出来ます。
また、当院では目安の通院回数を最初の段階でお伝えさせて頂きます。骨格の歪み、筋肉の緊張は根付いてしまっている為、どうしても一回では取り除けません。

再発予防をしましょう!京都市中京区右京区下京区 こばやし鍼灸整骨院グループ

京都市(中京区・右京区・下京区)のこばやし鍼灸整骨院グループでは、ぎっくり腰の治療が全て終了したあとに、再発を予防していく為に、定期的な受診をおすすめしています。

自宅で1人でも出来る方法を患者様にお伝えしています。腰痛の不安のない生活を目指して、患者様と一緒に取り組んで参ります。その場限りの「痛み」を取り除くだけではなく、根本的な原因を患者様と共に探り、その症状に対して徹底的に向き合う根本治療をこばやし鍼灸整骨院グループでは行っています。

お身体のことでお困りの方は、京都市中京区右京区下京区のこばやし鍼灸整骨院グループにご相談ください。
ご来院お待ちしております。

京都市中京区・右京区|お問い合わせはこちら

お問い合わせは、075-802-2050まで
TOPへ戻る

COPYRIGHT© こばやし鍼灸整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS | LINK

 [PR]柔道整復師リジョブ