めまい

  • 急にクラクラする、、、
  • 立ち上がるとふらつきやすい、、、
  • ふわふわとした浮遊感がある、、、
  • 首や肩回りがつまっている、、、
  • 頭がぼーっとする、、、

めまいとは?

横になるとグルグル・・・

立つとクラクラ・・・

めまいにも種類があるのはご存知でしょうか?

 

1.動揺性めまい・・・ふわふわする、ふらつき

2.回転性めまい・・・くるくる回るめまい

これらのめまいの原因は3つあります。

 

1.自律神経の乱れ

自律神経が乱れると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、

めまいがおきるようになります。特に交感神経が活発に働くと

血管や筋肉が収縮し、血流が悪くなりやすいです。この影響で

耳の三半規管への血流も悪くなるとめまいが起きます。

 

2.疲労、ストレス

人間は強いストレスを感じると自律神経のバランスが

崩れてしまいがちです。不安や心配事が積み重なり、

ストレスを感じてめまいにつながる人もいるそうです。

 

3.首や肩の筋肉の固さ

首や肩の筋肉が固くなると血流が悪くなってしまいます。

この影響で三半規管への血流が悪くなり、

めまいが起きます。また眼精疲労からもめまいが

起きることもあるようなので注意が必要です。

めまいの治療

めまい患者さんの80%以上が首や肩の筋肉に固さを感じています。

また、めまいを引き起こす行動として首をまわす、下を向くなどの

首の動きが関係していることもあります。

 

どちらも筋肉の固さが原因で血流が悪くなります。

まずは筋肉の固さがしっかりとれるようにしていきます。

 

首や肩の筋肉に対して低周波治療や手技治療を行い、

筋肉の固さを外側から少しずつ和らげていきます。

また手技で取り切れない筋肉の固さについては鍼灸治療を行い、

身体の内側からも良くなるように行っていきます。

 

また筋肉の固さは骨のずれが原因の場合もあります。

その場合は骨の矯正治療を行い、根本的な骨格から整えていきます。

日常生活での予防

1、正しい生活習慣を

睡眠不足や食生活などの乱れがめまいの原因になったりもします。

めまいを感じたら一度、生活習慣を見直してみましょう。

また寝る姿勢が左右一方に偏らないようするのも大切です。

 

2、急な動きに注意

急に首を動かすことに気をつけましょう。

急に起き上がる、急に首の向きを変えるなど気をつけることで

めまいの頻度を下げることができます。

寝る時も布団よりもベッドのほうが首にかける負担は少なくなります。

 

「こばやし鍼灸整骨院グループ」では、まず、患者様のお話を

しっかりとお聞きし、一人一人の症状に合わせた検査や治療を

行っています。また治療とは別に患者様の生活スタイルに

合わせた生活指導も必要に応じて行っていきます。

 

どこに治療にいったらいいかわからない、病院で異常がないと言われた方や

痛みでお悩みの方はぜひ一度ご来院ください。

京都市中京区・右京区|お問い合わせはこちら

お問い合わせは、075-802-2050まで
TOPへ戻る

COPYRIGHT© こばやし鍼灸整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS | LINK

 [PR]柔道整復師リジョブ